医師と患者

心と体に元気を与える!うつ病の治療は薬剤の力が頼り

気持ちを安定させる

カウンセリング

うつ病の治療を行なう上で、重要なのは患者にストレス、不安を蓄積させないことです。精神的な疾患であるうつ病の発症要因として、重度のストレスやプレッシャー、交友関係のもつれ、失敗への恐怖感によるものが大きいです。できるだけ、早く症状を改善させたいなら、ちょっとしたことでストレスやプレッシャーを感じさせない環境づくりが重要です。しかし、ストレスやプレッシャーを感じさせない環境づくりをしていても、目を離したときにストレスやプレッシャーを感じさせることに巻き込まれる可能性があります。若干目を離しても、ネガティブな症状に陥りにくくするには、薬剤の力は欠かせません。治療のための薬剤には不安や恐怖感、緊張の症状を和らげる効果があるものがあります。クロサキゾラムやセルシン、ホリゾンというもので、主に脳内の神経系組織に作用するものです。脳内にある、ベンゾジアゼピン受容体と結びつくことで、不安や緊張感を和らげてくれます。また、不安や緊張感の抑制は勿論ですが、恐怖感や強迫神経症の症状を抑制するのに一役買ってくれます。不安薬の一種であるクロサキゾラムやセルシン、ホリゾンは、長時間先ほど紹介した症状抑制効果をもたらしてくれるのです。一度服用すれば、長くて24時間以上は緊張感や不安感、恐怖感を抑制してくれます。1日に数多く服用する必要性がないので、体にかかる負担が少なくて済みます。副作用のリスクも少なめなので、安心してうつ病治療で服用していけます。

うつ病患者によっては、強烈な不安感や恐怖心の症状以外にも、激しい妄想や幻覚の症状を引き起こす場合があります。激しい妄想や幻覚の症状は、余計に不安や恐怖感を高めてしまい、うつの症状改善の大きな妨げになってしまいます。ありもしない物体や生物を見て騒いでいるのを確認できたら、セレネースやハロペリドールと言った気分安定剤を服用するのが望ましいです。セレネースやハロペリドールは、主に、脳内の神経伝達物質の受容体を遮断する効果をもたらしてくれます。強烈な不安や恐怖感、妄想、幻覚症状を抑制して、気分を安定させ異常行動を抑制させられます。精神を安定させて、落ち着いた生活を取り戻させたい場合に、これらの薬剤は役に立ちます。